複数の治療法を組み合わせます

乳がんは、がんの中でも選択できる治療が多いと言われています

治療法は、大きく分けると、乳房にできたがん細胞を取りのぞく「局所療法」と、乳房から血液やリンパの流れにのって全身に運ばれたがん細胞をたたく「全身療法」があります。

局所療法には手術放射線治療があり、乳房切除後に行う乳房再建も選択できます。
全身療法には薬物療法であるホルモン療法や化学療法(抗がん薬治療)、分子標的療法があります。
乳がんの治療の多くは、手術、薬物療法、放射線治療を組み合わせます。
手術でがんを切除した後に、再発防止のために薬物療法や放射線療法を行うのが一般的ですが、手術前に薬物療法を行い、がんを小さくしてから取り除く方法もあります。
また、これらの治療と並行して、からだや心のさまざまな苦痛を和らげるための緩和ケアも必要に応じて行われます。

さまざまな乳がんの治療法

国立がん研究センター がん情報サービスより一部改変

 

監修:土井卓子(医療法人湘和会 湘南記念病院 乳がんセンター長)